再婚家庭(ステップファミリー)に
なぜ支援が必要なのでしょうか?

ステップファミリーをご存じでしょうか?​

カウンセリングここほっと

夫婦の一方あるいは双方が、前の配偶者との子供を連れて再婚した時に誕生する家庭を「ステップファミリー」といいます。耳慣れない言葉だと思いますが実は公言していないだけで自分のまわりにはたくさんの再婚家庭があるのかもしれません。

3組に1組が離婚、4組に1組が再婚家庭という時代

カウンセリングここほっと「ステップファミリー」には、様々な家族形態があります。再構築を目指す家庭の問題はだくさんあるにも関わらず支援場所がないのが現状です。 今、私が任意活動を行う中で一番感じていることは公的な一般の子育て相談窓口でさらに傷つくという二次被害にあっている大人がたくさんいるということです。

ステップファミリーの様々な問題

カウンセリングここほっとステップファミリーは一般家庭におこりうる問題にプラスして更なる苦しい壁が生じます。 実親と子どもの関係が確立されている中に新しいパートナーが加わることによって生じる様々な問題があります。

血のつながりを超える関係とは

b5499c01c8ce1822d504bfb4317d8bd8_s一番に悩むことは、みんなで幸せになれるかどうかという不安です。「大変」と頭では分かっていても「こんなはずじゃなかった」「どうして再婚なんてしたのだろう」と孤独に悩んではいませんか? ステップファミリーになると苦労は一般家庭の倍以上です。継親子関係にストレスを感じ、普通の育児書では解決できない問題に日々遭遇します。

愛した人がたまたますでに父親だったすでに母親だっただけ

カウンセリングここほっと私の継母友達が「外国のステップファミリー雑誌に載っていた」と教えてくれました。この言葉を聴いた時、自分を責めることをやめようって思えました。 心に引っかかっていた何かがストンと落ちた気分になって私は救われました。 あなたも、何かしらの言葉に励まされ、たった一言で暗いトンネルから抜け出せるかもしれません。希望や可能性は無限です。

元配偶者へのストレス

カウンセリングここほっと面会権や養育費は子供の権利とされています。そこに継親はなんだか他人でいないものとして考えられているような気がして孤独を感じてしまいがちです。子どもに関わる全ての大人たちが良い関係を築いて取り組むことが理想的であり、子供にとっても健全な発達心理だと分かっていてもやはり現実問題、継親は複雑な心境になってしまう場合があります。

「再婚家庭」の公言

カウンセリングここほっと物語ででてくる「継母(ままはは)」は、なぜみんな意地悪なのでしょうか?そのイメージからか、「継母=意地悪、厳しい」と色眼鏡で見られてしまいがちです。 先日、問題解決した30代の女性がカウンセリング中にこんなことを言っていました。 「身を削って、継子のことを一生懸命すればそれは当たり前で、普通に生活していると意地悪と言われる」と。 継子のストレスについて少し愚痴を聞いてもらうつもりが、話した相手によっては大変な誤解を招いてしまうことや、「自分で決めた道。頑張って!!! 」と励まされて傷つくこともあります。

家族の救世主

カウンセリングここほっと悩んだとき、一番の特効薬は「頑張っている自分を認めてもらう、ほめてもらう」ことではないでしょうか? あなたは家族の救世主なのですから、自信をもって大丈夫なのです。 しかし、自信を持つためには悩みに立ち向かえる知識も大切です。 「子供には何の罪もない」「大人の勝手でこうなった」「分かっていて結婚したのでしょう?」

その言葉にどれだけの涙を流してきましたか?

※上記内容NPO法人M-STEPのテキストに基づく

女性専門窓口事業【アマリリス】

「ここほっと」の世界へようこそ。
あなたと同じ悩みを仲間と共有しませんか?
一緒に解決に導く支援をしませんか?

あなたが抱えている問題は?

今、あなたが悩んでいる時間、できることもあるはず。
ここほっとは女性のための相談窓口【アマリリス】を設置しています。
アマリリスとは、「幼少期に性的虐待にあっていた、レイプされた、DVをうけていた、ストーカー被害にあった など、これまで誰にも言えずに苦しんでいたあなたの心を優しく受け止めます。 ご希望であれば当事者同士のピアカウンセリングや個別対面カウンセリングをお受付いたします。 あなたがこれ以上傷つかぬよう、専門の担当者があたたかくケアします。
手作り雑貨を一緒に作成しながら社会復帰を目指しませんか?安心していつでもご連絡ください。

カウンセリングここほっとの仲間になって一緒に支援しませんか?(ピアサポート)

ここほっと、アマリリス、でんでんの仲間を随時募集しています。 自分に自信をもち、悩みを強みに変え、あたたかく癒される居場所を一緒につくりませんか?

あなたが抱えている問題は?

なぜ今、辛いのですか? あなたがここを見つけるほど悩んでいる問題の原因はなんですか? 時間が解決したら一番嬉しいでしょう。
でも今、あなたが悩んでいる時間、できることもあるはず。
ここほっとはひとり親家庭・ステップファミリーと併せて女性専用の専門相談窓口を設置しています。
幼少期に性的虐待にあっていた、レイプされた、DVをうけていた、ストーカー被害にあった など、これまで誰にも言えずに苦しんでいたあなたの心を優しく受け止めます。
当事者同士のピアカウンセリングもお受付いたします。あなたがこれ以上傷つかぬよう、専門カウンセラーがあたたかくケアいたしますので安心してご連絡ください。

ピアサポートご希望の方

「ピア」とは「対等」「仲間」という意味。

同じ経験をしているからこそ、同じ悩みや辛さを心から理解し分かり合うことができること。
経験者でなければ理解されにくいシングルパパ、ママの恋愛事情や、ステップファミリー問題を傾聴し、共感し、知識として必要な助言を行いながら問題解決の糸口を一緒にさがします。
人は生きるうえで、様々な苦しみや痛みに出会います。 様々なできごとによって、心に深い傷を負ったり、喪失感から深い悲しみに陥ったりすることもあるでしょうし、きっかけの有る無しに関わらず、不安感や恐怖感、無力感などを伴った苦痛で不快な精神状態に、囚われたままとなることもあります。
不安や怒り悲しみなどを初めとする、感情的な不安定さや気分の変化は、様々な身体的症状を伴うこともあって、実生活においても停滞を招いてしまいます。
生きるうえでの、不安や苦痛、苦悩を緩和し解消するのが、心理療法の対象とするところです。